So-net無料ブログ作成
検索選択

銃器工具痕鑑定の非科学性を主張する元FBI研究室長の宣誓供述書(50)終 [鑑定批判]

(21) 結論 承前

 『現在いえることは、犯罪学者にとって既知のパターンと容疑のパターンとの区別ができない(すなわち既知のパターンと容疑のパターンとは区別不能、同等あるいは一致と結論された)ときには、犯罪学者はその知見を適切に、明快に、かつ自制的に鑑定書に記載しなければならないということだ。たとえば、二つのパターンが同等あるいは一致したということは、必ずしもそれらのパターンが同一のものによって付けられたものであることを意味しないことを説明する必要がある。この点を説明すれば、犯罪学者といえども、これまでのように、痕跡を付けたものに関する結論を導くことを躊躇するだろう。また、そのような結論が健全な理論や確たるデーターに支えられたものでないことに気付くだろう(裁判所としての考え方も、これとほぼ同様の結論になるはずである)。

 鑑定者は、二つのパターンが互いに一致することを発見したとき、証拠物件の痕跡から一群の容疑物件あるいは容疑者の中から対象を一つに絞り込めたと説明するかもしれない。容疑物件あるいは容疑者を一つに絞り込んだ場合の結論の確実性は、対象となる一群の容疑者あるいは容疑物件の数によって決まる。唯一に絞り込める(すなわち各個体それぞれに固有性がある)ことには何ら科学的根拠はない。犯罪科学のほとんどの分野で(DNA型鑑定を別にすると)、対象をどこまで絞り込めるのかに関する根拠のある経験則は存在しない。鑑定者は、この点に関する知識不足を埋め合わせるために直感や推量を加えてはならない。鑑定者による絞り込めた容疑対象の数の推測は、あくまでも推測にしか過ぎない。単なる推測なのだ。』

   私は、この評価にまったく同感である。すでに述べたように、科学によって支持される正確で適切な結論は、「一群の工具を容疑工具から除外することはできない」となるはずだ。現在のところ、その「一群の工具」には、型式特徴を共有するすべての銃器が含まれる。鑑定者による、個別の銃器の製造過程に関する研究と(技能検定試験ではない)真の妥当性確認研究を行うことによってのみ、この「一群の工具」の対象を狭めることができる。

 以上要約すると、法科学分野で行われている銃器・工具痕鑑定は、科学としての厳密性を欠いており、個体識別をすることは許されず、その結論に信頼性があることを述べることは科学の世界でのみ許されることであり、この分野においては許されない。

 以上、私の嘘偽りのない証言である。

以上の証言が偽りの場合には偽証罪に問われることを承知の上で、私は真実を正確に証言した。

ウイリアム・A・トービン
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。