So-net無料ブログ作成
検索選択

銃器工具痕鑑定の非科学性を主張する元FBI研究室長の宣誓供述書(47) [鑑定批判]

(20) 誤って一致と鑑定する確率 承前

 別の重大な誤鑑定例は偶然発見された。トロッター(Trotter)対ミズーリ州事件は、ある場所で警察官が射殺されたものである。当初捜査官は、警察官は自らの拳銃で撃たれたものと考えていた。ところが事件現場で拳銃は発見されなかったのである。その後、全く別の事件の容疑者の拳銃の試射弾丸の痕跡が、死亡した警察官から採取された現場弾丸と一致したとの鑑定結果が提出された。それからしばらくして、死亡した警察官の拳銃が結局のところ発見され、遺体から採取された弾丸はその拳銃から発射されたものと確認された。その鑑定は、前の鑑定を行った銃器工具痕鑑定者と同じ人物が行ったものであった。

 別の誤鑑定事例は、ウィリアムズ(Williams)対カーテルマン(Quarterman)事件で、ある銃器工具痕鑑定者が行った当初の鑑定で、この事件の弾丸は、ある口径0.25インチの自動装てん式拳銃で発射されたものに間違いないとの鑑定結果が提出された。ところが、その後その拳銃の所持者とは全く別の人物が所持していた口径0.22インチの自動装てん式拳銃から発射されたものであるとの結論に至ったのである。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。