So-net無料ブログ作成
検索選択

銃器工具痕鑑定の非科学性を主張する元FBI研究室長の宣誓供述書(42)  [鑑定批判]

(19) 誤鑑定の教訓が生かされない現体制 承前

 NASの委員会による法科学についての最新の研究結果によれば、「既存の法科学分析手法の中で、核DNA型鑑定のみが厳密で一貫性のある分析手法を用いており、その分析結果の確実性は高く、証拠資料と特定の個人から採取した試料との間のつながりを示すことが可能である」。

 本件で政府側が裁判所で示した証拠には、科学的根拠がない。「これ以外のすべてのものは該当しない」、「この銃以外の世界中の銃器は該当しない」、「固有の特徴がある」、「科学的に合理的な信頼性がある」、「実用上十分な確実性がある」、「誤鑑定率はほぼ0%である」、「絶対確実な手法である」、「この銃器によって発射された弾丸である」といった表現は、さも統計的な裏付けがあって、その結果として高い確実性が得られているかのような主張であるが、科学者はその根拠を認めておらず、そのような確実性の高い結論が得られたとは見なされない。かなり以前のNAS報告書に次のようにある。「発射銃器の特定の鑑定結果は、その統計的根拠を示さない場合には、統計的根拠があるかのような結論は許されない」。NASの発射痕画像検索システムに関する報告書では、「この銃以外のこの世に存在するすべての銃を除外できる」といった法廷での証言は、「痕跡が一致したというきわめて主観的な結論を、まったく根拠がないにも関わらず、極端な確率表現を用いて、あたかも誤鑑定率が0であるかのように装ったものである」と書かれている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。