So-net無料ブログ作成
検索選択

銃器工具痕鑑定の非科学性を主張する元FBI研究室長の宣誓供述書(36) [鑑定批判]

(18) 鑑定者の結論の偏り 承前

 法科学鑑定者が陥りやすい別の偏りに、状況に依存した偏りがある。その例は、平均して16年の鑑定実務経験を積んだベテラン指紋鑑定者を対象とした研究に示されている。その研究では、被験者に対して、すでに鑑定を行ったことのある指紋をブラインド試験の形で改めて検査させたものである。その際、被験者に対して客観的判断を揺るがせるような架空の事件情報を資料とともに示した。被験者は、そのような事件情報は一切無視して、指紋にのみ集中して鑑定を行うように指示された。ところがこの研究結果では、80%の再鑑定結果が架空の事件情報の影響を受け、以前行った鑑定とは異なる結論となった。

 このドロール(Dror)の行った研究のもう一つの結論は、過去の鑑定と一貫した結論をすべての場合で導いたのは、受験者のわずか1/3であったということである。パターン認識の観点から、指紋の隆線の特徴は7種類に分類できて、その幾何形状は、意味のない線条痕の組み合わせである工具痕と比較して単純でかつ記憶しやすいものである。ドロールの研究の研究者たちは、事件情報を与えずに再検査しても、指紋の特徴点に挙げる箇所が異なっていたことを指摘している。(工具痕や指紋の比較において)少なくとも主観的な評価が行われていることが推定でき、事件情報が与えられなくても、時間を置いて行う鑑定の結果と以前に行った鑑定の結果とが一致しないことが示された、と結論している。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。